ロシア軍、キエフへの地上侵攻に動きなし 砲撃は継続 米高官が分析

有料記事ウクライナ情勢

ワシントン=合田禄
[PR]

 米国防総省の高官は28日、ロシア軍はウクライナのキエフへの地上侵攻をやめているだけでなく、地上侵攻の取り組みを全くしていないとの見解を示した。ただ、都市部への長距離の砲撃は続けているという。

 高官によると、ロシア軍はキエフの北側と北西側では15~20キロ、北東側では55キロの位置にとどまっている状態で変化していないという。

 一方、東部イジュームでは少…

この記事は有料記事です。残り338文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!