保育中の「置き去り」、実態把握へ 後藤厚労相「調査して対応検討」

有料会員記事

石川友恵
[PR]

 保育園の散歩中、園児を公園などに置いたまま気づかずに戻ってきてしまうといった保育中の「置き去り」事案について、後藤茂之厚生労働相は29日、各自治体がどの程度把握しているか調査する意向を示した。施設側に報告を求めていない自治体も多く、実態が分かっていなかった。

 この日の閣議後会見で後藤氏は「各自治体においてどの程度把握しているかサンプル調査をすることとしたい。その上で調査の結果を踏まえ、対応を検討したい」と述べた。時期は未定としつつ、「急いでやりたい」とした。

 朝日新聞の取材によると、「置き去り」など保育中に園児が一時的に行方不明になる事案は、東京都に報告されただけで2017~20年度に94件あった。ただ、国は死亡など重大な事故の場合には自治体を通じて報告を求めているが、「置き去り」の事案は施設側に報告を求めていない自治体も多い。

 東京都でも認可外には報告を…

この記事は有料会員記事です。残り144文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら