卒業証書に1文字違いの他校のハンコ 4年で553人、差し替えへ

有料会員記事

中塚久美子
[PR]

 兵庫県尼崎市の市立小学校が今春まで4年間にわたり、1文字違いの他校の公印を印刷した卒業証書を渡していたことがわかった。卒業証書の印刷システムを導入した際、サンプルで示されたデータを使ってしまったとみられるという。今後、計553人の全卒業生に謝罪し、差し替えるために家庭訪問する。

 市教育委員会が29日に発表した。市教委が2018年度に卒業証書の印刷・作成研修をした際、見本として示されたのが今回誤って印刷された小学校の公印だった。何らかの原因でこの他校のデータが保存され、校名が似ているうえに篆書(てんしょ)体だったため、「自校のものだと疑わずに使用してしまったと考えられる」という。

 誤った卒業証書は18~21年度に計553人に渡された。今年度の卒業式後に、漢字に高い関心を持つ卒業生が間違いに気付き、学校に問い合わせて発覚したという。

 市教委の増田裕一・学校教育

この記事は有料会員記事です。残り82文字有料会員になると続きをお読みいただけます。