1人で歩く3歳児に「どうしたの?」 中学生が保護、合わせた目線

有料会員記事

仁村秀一
[PR]

 2月14日午後5時ごろ、部活帰りだったさいたま市立東浦和中学校1年の佐藤のんさん(13)と金子瑠花さん(13)は、幼い女の子が1人で歩道を歩いているのを見かけた。周囲に大人の姿はない。「どうしたの?」と話しかけると、女の子は驚いたのか、走って逃げてしまった。

 放っておくと車道に出て事故になるかもしれない。心配した2人は女の子を追いかけた。通りかかった看護師の橋本友貴さん(33)が2人から事情をきいて110番通報した。同じころ、女の子の親も「娘がいなくなった」と通報していた。

 佐藤さんと金子さんは、警察…

この記事は有料会員記事です。残り281文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら