「大人」とは何か?「いつまでも子ども」はやみねかおるさん寄稿

有料会員記事

[PR]

 4月1日から成人年齢が18歳に引き下げられます。「成人」とは何か、「大人」とはどういう人か。児童文学のベストセラー作家、はやみねかおるさんに寄稿してもらいました。

 どうも、児童向け推理小説を書いている、はやみねかおるです。

 二〇二二年の四月から、新成人の年齢が十八歳に引き下げられます。それに伴い、「成人」について考えてみました。

 ぼくは、よく「何歳になっても少年の気持ちを持っている」と言われます。かなり、気を遣(つか)った言い方です。単刀直入に表現すれば「いつまでも子ども」「成長していない」「精神年齢が幼い」ということです。そんなぼくが「成人」について書いてみても説得力無いかもしれませんが、少しおつきあいください。

 さて、「成人」とは何か――?

 ぼくには、ぼくなりの定義が…

この記事は有料会員記事です。残り1557文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    平尾剛
    (スポーツ教育学者・元ラグビー日本代表)
    2022年3月31日18時52分 投稿
    【視点】

    とても腑に落ちる記事でした。というのも、私も周りから子供っぽいとよく言われるからです。そう言われると恥ずかしさを感じるんですけど、だからといって子供っぽさは手放したくない。そうずっと思ってきました。 『「次の世代=子ども達(たち)」の