ガソリン174円、2週連続値下がりも高止まり 補助金は1カ月延長

有料記事

長崎潤一郎
[PR]

 政府はガソリン価格を抑えるために石油元売り各社に出している補助金の制度を、4月末まで1カ月延長する。ロシアのウクライナ侵攻で原油価格は高騰しており、実質的なガソリン価格は過去最高の水準だ。夏の参院選を控え、一度始めた負担軽減策をやめられなくなっている。

 日本エネルギー経済研究所石油情報センターが30日発表したガソリンの店頭価格(全国平均、28日時点)は、1リットルあたり前週より0・6円安い174・0円だった。1リットルあたり18・6円の補助金を出している効果で、2週連続で値下がりした。経済産業省は補助金がなければ190・6円になっていたと推計している。2008年の過去最高値(185・1円)を上回る水準だ。

 補助制度は1月下旬に始まり、3月10日に上限を5円から25円に引き上げた。補助額は原油価格に連動して毎週見直す。ガソリン価格を172円程度に抑えるため、これまで17・7円~25円を支給した。

 原油の高止まりに加え、輸入…

この記事は有料記事です。残り398文字有料会員になると続きをお読みいただけます。