首都「キエフ」の表記をウクライナ語の「キーウ」に変更へ 日本政府

ウクライナ情勢

相原亮
[PR]

 政府はウクライナの首都キエフの表記について、現在のロシア語の発音に基づく「キエフ」からウクライナ語の発音に基づく「キーウ」に変更する方針を固めた。外務省がウクライナ政府と調整を始めた。政府関係者が明らかにした。

 「在外公館の名称・位置・給与に関する法律」では、在ウクライナ日本大使館の位置と、その地名を「キエフ」と定めている。法改正については名称変更を正式に決めた後、検討する。ただ、「チェルノブイリ」などの地名はロシア語表記のままとするという。

 現在、日本国内で広く使われている「キエフ(Kiev)」は、ロシア語の発音に由来する。一方、ウクライナ語は「Kyiv」とつづり、発音は「キーウ」に近い。海外では英紙などでキーウに変更する動きが出ており、国内でも自民党などから変更を求める声が上がっていた。

 岸信夫防衛相は29日の会見で、防衛省が作成する資料については「キーウ」を併記する考えを表明。林芳正外相は同日、「いかなる表記や呼称を用いるのが適切か、同国政府との調整も含めて検討している」と述べていた。(相原亮)