バイデン大統領「確信ないが、プーチンは(政権内で)孤立している」

有料会員記事ウクライナ情勢

合田禄=ワシントン
[PR]

 バイデン米大統領は31日、ホワイトハウスで石油備蓄放出について演説した後、プーチン大統領に誤った情報が伝わっているという米英の情報機関の見解について記者から問われ、「いろんな臆測があって確信はないが、プーチンは孤立しているように思う。何人かのアドバイザーを首にしたり、自宅軟禁にしたりしたという情報がある」と答えた。

 バイデン氏は「十分な証拠があるわけではないので、信用しすぎたくはない」とも述べた。

 その後、いったん会場から退…

この記事は有料会員記事です。残り141文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら