未成年へのアルコール提供「故意と認められず」 居酒屋店長に無罪

有料記事

深津弘
[PR]

 17~19歳の客5人にアルコールを提供したとして、風営法違反罪(未成年者への酒類提供)に問われた居酒屋の男性店長(34)と運営会社に、岐阜簡裁(守屋尚志裁判官)が無罪を言い渡していたことがわかった。

 見た目では20歳未満と認識できず、タブレット端末で「未成年ではない」と確認ボタンを押していたなどとして、酒提供は故意とは認められないと判断した。3月23日付。

 判決によると、2020年10月、岐阜市の居酒屋で店長らが未成年の客5人に酒を提供した。うち2人がけんかをし、店側が警察に通報したのがきっかけで年齢が発覚。

 岐阜県警が在宅で捜査し、検察側は運営会社に罰金50万円、店長に罰金30万円を求刑した。

 守屋裁判官は、客の髪形や服…

この記事は有料記事です。残り273文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント