• アピタル

「アベノマスク」など5億円かけ5月末までに配布 730万枚処分へ

有料会員記事新型コロナウイルス

枝松佑樹、市野塊
[PR]

 政府が大量に保管する「アベノマスク」を含む布マスク約7100万枚について、厚生労働省は1日から、希望する個人や自治体、介護施設などへの配布を始めた。5月末までに配り終える予定で、配送などの費用が約5億円かかる見込み。不良品や未検品の約730万枚は処分する。

 同省が同日発表した。約8千万枚の在庫に対し、無料配布の希望は1月末時点で約37万件、計2億9千万枚分あった。ただ、ガーゼやハンカチ、植物の苗床などマスク以外への使い道が多く、同省はマスクとして使う人を対象に配る方針を決め、選定を進めていた。

 対象は個人が約30万件(約2940万枚)、自治体が約1800件(約930万枚)、団体・介護施設などが約3万3千件(約3230万枚)。個人の場合、希望枚数が49枚以下なら一律10枚、50枚以上なら一律100枚を配る。自治体には原則として希望通りに配布する。

 個人向けの100枚がどう使…

この記事は有料会員記事です。残り232文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]