藤井聡太竜王が最優秀棋士賞 2年連続2回目

有料会員記事

村瀬信也
[PR]

 第49回将棋大賞日本将棋連盟主催)の選考会が1日、東京都渋谷区将棋会館で行われ、最優秀棋士賞に藤井聡太竜王(19)=王位・叡王・王将・棋聖と合わせ五冠=が選ばれた。2021年度の成績が対象で、史上最年少で五冠となったことなどが評価された。同賞の受賞は2年連続2回目。

 将棋大賞は棋戦主催者の担当記者らが選考する。全13票で、同年度にタイトルを三つ増やした藤井竜王は満票で受賞が決定。6日の名人戦七番勝負開幕を控える渡辺明名人(37)=棋王と合わせ二冠=の優秀棋士賞受賞も満票で決まった。

 藤井竜王は、竜王獲得を決め…

この記事は有料会員記事です。残り303文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら