ソフトバンクお膝元の商店街振興組合が破産 ポイントカード失敗響く

有料記事

西岡矩毅
[PR]

 プロ野球福岡ソフトバンクホークスのホームスタジアム・ペイペイドームのおひざ元にあり、応援イベントなどを開いてきた唐人町商店街(福岡市中央区)の振興組合が破産していたことが1日、わかった。ポイントカード事業の失敗などが要因という。各店の営業に影響はないとしている。

 唐人町商店街振興組合の理事長を務めていた大川内斉さん(51)によると、組合は1990年に発足し、当時は商店街のほとんどの約110店が加入。破産時は商店街の約60店のうち、約40店が会員だったという。

 破産の要因となったポイント…

この記事は有料記事です。残り469文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。