「核先制不使用」宣言求める 野党議連、米国議員と連携し共同書簡

有料会員記事

横山翼
[PR]

 立憲民主党などの野党議員でつくる「日本プログレッシブ議連」(会長・中川正春衆院議員)は1日、政府に「核兵器先制不使用」の宣言を求める書簡を提出した。米国議員と連携した動きで、日米両政府への働きかけを強める。

 書簡では、先制不使用の宣言…

この記事は有料会員記事です。残り293文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら