ミスした後輩に「罰金払え」 120万円受け取った市職員を懲戒処分

[PR]

 職場の同僚から仕事上のミスの「罰金」として120万円を受け取ったなどとして、山梨県北杜市は1日、高根総合支所の30代男性職員を停職6カ月の懲戒処分とし、発表した。

 市によると、この職員は、同僚の20代男性職員に対して2021年5月から平手でたたくなどの暴行を加え、同10月から今年2月にかけて、仕事上のミスに対して「罰金を払え」などと金銭を要求し、8回にわたり計120万円を受け取ったという。

 被害を受けた職員が2月に相談して発覚。市は一連の行為が地方公務員法に規定する信用失墜行為に当たると判断した。加害職員は「後輩の指導でストレスがあった」と話しているという。