第16回Qの投稿をたった1人で翻訳? 日本のQアノン運動を導いた「エリ」

有料会員記事Qアノン

ニューヨーク=藤原学思

前回のあらすじ

これは危ないことになりかねないーー。米国ではオウム真理教の専門家としても知られるサラ・ハイタワーは、日本語圏のネット上でQアノンが拡大している兆候に気がつき、危機感を覚えます。そして実際、Qアノンは日本でも急激に、そして大規模に広がっていきます。

[PR]

 昨年12月、ツイッターに一つのアカウントが開設された。

 「Eri2.0」。そう名乗る人物は、日本のQアノン運動を主導し、大きな影響を与えた「エリ」だとみられる。

 エリは1年以上前、ツイッター社からアカウントを凍結されていた。その際のフォロワーは8万人以上。トランプ政権の元大統領補佐官(国家安全保障問題担当)、マイケル・フリンのほか、米国における「Qアノン」のインフルエンサーらにもフォローされていた。

 現在は再開したツイッターがまた凍結されたが、Qアノンの信奉者がよく使う「テレグラム」や「ギャブ」を利用している。そして、新型コロナウイルスのワクチンウクライナ危機について、根拠の疑わしい情報を拡散している。

「たった1人で」日本語に訳す作業?

 なぜ、エリが日本のQアノン運動における重要人物なのか。

 Qアノンが信奉する謎の人物…

この記事は有料会員記事です。残り3089文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載Qを追う 陰謀論集団の正体(全19回)

この連載の一覧を見る