EXILEの2人が小中学生にダンス教室 「無限大の可能性感じた」

下地達也
[PR]

 人気グループ「EXILE(エグザイル)」のメンバー、TETSUYAさん(41)らが和歌山市内の小中学生にダンスを教えるイベントが2日、和歌山市土入の市民体育館であった。

 歌手で俳優、厚生労働省の健康行政特別参与も務める杉良太郎さん(77)が「ダンスを通じた文化交流を広めたい」と企画。同省の「健康クリエイター」を務めるTETSUYAさんと、サプライズで登場したメンバーの一人、関口メンディーさん(31)が講師を務めた。

 TETSUYAさんは「最高の思い出をつくっていきたいと思います」とあいさつ。2人は参加した約300人に、舞台から見本を見せながら振り付けを教えて、「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の「HELLO!HALO!」を一緒に踊った。

 参加した和歌山市船所の瀬戸梨鈴花さん(7)は「EXILEの2人が、大好きなダンスを教えてくれてうれしかった。将来もダンスを続けたいです」と笑った。関口さんは「すごくピュアな和歌山の子どもたちに無限大の可能生を感じました」と話した。(下地達也)