林外相「最大限の支援をしたい」 避難民施設を視察後、記者団に

ワルシャワ=野平悠一
[PR]

 首相特使としてポーランドを訪問中の林芳正外相は2日(日本時間3日未明)、ウクライナから逃れてきた人たちの状況などを視察した後、記者団の取材に、「一日も早く元の生活が取り戻せるように、最大限の支援を行っていきたい」と語った。3日にはウクライナ国境に近いジェシュフを訪れ、日本政府が設置している臨時の連絡事務所を視察する。

 林氏は2日、ウクライナから逃れてきた人たちが身を寄せているワルシャワ市内の施設を視察。その後、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)など現地の国際機関の関係者と意見交換したり現地の外務省職員らを激励したりした。「ウクライナ避難民に対する国内の支援の施策を考えていくにあたり、大変有益な機会となった」と述べた。

 林氏は一連の日程を終えた5日には、日本行きを希望するウクライナ人とともに政府専用機で帰国することを検討している。「帰国までにそういう可能性を追求できればと思っている」と述べた。(ワルシャワ=野平悠一)