初の「ヒグマ注意報」 被害増加受け対策強化 被害なくても駆除可能

有料会員記事

平岡春人
[PR]

 北海道に春が届き、ヒグマが動き出した。3月31日に札幌市の山中で、ヒグマの冬眠用の巣穴を調査していた専門家2人が襲われ、負傷した。この事故を含め昨年度のヒグマによる人身被害は過去最多。北海道はヒグマ対策を改定し、被害ゼロを目標に掲げ、北の大地に君臨する動物界の王者との共生をめざす。

 「ヒグマに襲われ、けがをした」

 札幌市西区山の手の三角山で3月31日午後2時半ごろ、市職員から119番通報があった。ヒグマの巣穴があるという情報があり、市環境共生担当課職員と、市が調査を委託したNPO法人職員ら計5人が探していた。

 市によると、巣穴をのぞき込んだNPO男性職員が、中にいたヒグマに頭をかまれた。助けようとした別のNPO男性職員も右腕をかまれた。いずれも命に別条はない。ヒグマは斜面を下って逃げた。

 翌日、市職員らがハンターに…

この記事は有料会員記事です。残り1269文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら