負けた子をどこかに連れて行く父親 被害者の会がみる勝利至上主義

有料記事

編集委員・中小路徹
[PR]

勝利至上主義を考える

 「行き過ぎた勝利至上主義の散見」を理由とし、小学生の柔道の全国大会が廃止となった。

 「柔道界が先行して、危険を減らそうとしている。他のスポーツにもいい影響を与えるのでは」

 そう話すのは、「全国柔道事故被害者の会」の代表、倉田久子さんだ。同会は近年、全日本柔道連盟全柔連)とともに重大事故の撲滅に取り組む。

 「日本一を決める全日本柔道選手権は、多くの柔道家の『あこがれ』ですが、廃止になる全国小学生学年別大会は、その子ども版。実力がある子が周りから『全国を目指せるぞ』とあおられ、勝つことを目的にすると、体ができていないのに減量を強いられるなど、成長を後回しにしてしまう危険性があります」

 「ただでさえ、今の子どもは外遊びが少ない。いろんなことをやるべき時期に、クラブや道場で特定のスポーツばかりをやる。将来の体のアンバランスを助長し、危険でもあると思います」

 重大事故を減らす観点からも、小学生の全国大会廃止は評価できるという。

 過去、あらゆる年代を通じ…

この記事は有料記事です。残り1424文字有料会員になると続きをお読みいただけます。