宮川花子、なんばグランド花月に3年ぶり出演 吉本110周年公演

有料記事

編集委員・後藤洋平
[PR]

 吉本興業の創業110周年特別記念公演「伝説の一日」の千秋楽が3日、大阪・なんばグランド花月(NGK)で開催され、血液のがんの一種、症候性多発性骨髄腫闘病中の宮川花子(67)が、夫の大助(72)とともに新喜劇の舞台に登場した。

 「ここ3年ぶりやわ。みなさん、こんにちは~! 私のこと知ってはりますかね? 宮川大助・花子と申します」。ストーリー上は、反社会勢力の大物役。しかし、車椅子姿の花子が設定そっちのけで満員の客席にあいさつすると、会場は大きな拍手に包まれた。

 そしてすかさず、「今日は1…

この記事は有料記事です。残り369文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!