外れ外れ1位・山田哲人の分岐点 19歳の秋、監督を動かした一言

有料会員記事東京ヤクルトスワローズ

藤田絢子
[PR]

 まだ線の細かった山田哲人のバットから、想像もつかない打球が次々と飛んでいった。

 2011年春、東京ヤクルトスワローズ春季キャンプでの一コマだ。

 監督だった小川淳司・現ゼネラルマネジャー(GM)は、打撃ケージの後ろから、じっと見つめていた。

 度肝を抜かれた。

 かつてヤクルトに所属し、NPBで通算301本塁打を放った強打者を引き合いに出すほどに。

 「強烈に記憶に残っている。バレンティンと同じぐらい飛ばしていたから」

 当時、山田は、まだ高卒新人だった。

 1軍のキャンプがオフだったその日、小川GMは山田を含めた2軍選手たちを1軍の球場に呼び、打撃練習をさせていたのだった。

 大阪・履正社高出身の山田は、10年秋のドラフト1位でヤクルトに入団した。

 球団にすれば、斎藤佑樹(元日本ハム)、塩見貴洋(楽天)を抽選で外した末の獲得。

 いわゆる“外れ、外れの1位”だった。

 打撃は即戦力という印象を練習で小川GMに与えた山田。長く1軍で活躍するため、まずは2軍で体力、精神力、守備力を磨くことになった。

 その年の秋、ヤクルトはレギュラーシーズンを2位で終え、クライマックスシリーズ(CS)に進出した。最終ステージで、シーズン1位の中日に挑むことになる。

 同じ頃、宮崎で開かれていた若手育成の場、フェニックスリーグに山田は出場していた。

 「中日の1軍投手を、山田が…

この記事は有料会員記事です。残り999文字有料会員になると続きをお読みいただけます。