古川禎久法務大臣がコロナ感染 ポーランド訪問取りやめ療養中

新型コロナウイルス

[PR]

 法務省は3日、古川禎久法相が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 3月31日に同居家族の感染が判明し、濃厚接触者となった古川氏は全ての公務を中止していた。3日午前に抗原検査を受けたところ、陽性が判明。現在は在宅療養中で、発熱などの症状はないという。公務復帰は4月中旬になる見込み。

 古川氏はウクライナから逃れた人たちの受け入れに向けて1日から予定していたポーランド訪問も取りやめ、林芳正外相が代わりに派遣されている。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]