「平和になるの信じて」 ウクライナへ願い込め、浅草寺で奉納揮毫

有料会員記事

本多由佳
[PR]

 東京都台東区浅草寺で3日、ロシアによる軍事侵攻が続くウクライナの平和を願って奉納揮毫(きごう)が行われた。書家の腰原佳恵さんが縦2・5メートル、横1メートルの紙に、聖徳太子十七条憲法から引いた「信是義本」の四文字を力強く書き上げた。

 書を通じて平和を訴える名古屋市の団体「和プロジェクトTAISHI」(宮本辰彦代表)が主催。この日は全国35カ所の寺で、平和を祈る揮毫があった。これまでも十七条憲法が制定されたとされる4月3日に同様の催しが行われてきた。

 「信是義本」は、腰原さんが…

この記事は有料会員記事です。残り208文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら