陸上自衛隊の東立川駐屯地で隊員が小銃自殺か 現場から薬莢2発

[PR]

 3日午前10時40分ごろ、東京都立川市陸上自衛隊東立川駐屯地で銃声があり、駆けつけた隊員が正門付近で同駐屯地所属の男性陸士長(19)が倒れているのを見つけた。陸士長は頭から血を流しており、搬送された病院で死亡が確認された。同駐屯地は、小銃を使って自殺を図った可能性があるとみて調べている。

 同駐屯地によると、現場から2発分の薬莢(やっきょう)が回収された。陸士長は当時、正門で警備をするにあたって小銃を携行していたという。同駐屯地は自衛隊の施設の警護のために武器を使用できるとした自衛隊法に違反する可能性があるとみて調べる。