東証のプライム市場、上場企業の数を適正に 日本総研・石川智久氏

有料会員記事

聞き手・山本恭介
[PR]

 五つあった東京証券取引所の市場が4日、プライム、スタンダード、グロースの三つに変わった。今回の市場再編には、どんな意義や課題があるのか。日本総研の石川智久・上席主任研究員に聞いた。

 ――東証はなぜ市場再編に取り組むのでしょうか。

 「日本の株式市場の地盤沈下を食い止めるねらいがあります。東証を傘下に持つ日本取引所グループの上場株式時価総額は長年世界3位でしたが、今や中国の上海証券取引所や欧州のユーロネクストにも抜かれ、存在感が低下しています。企業が成長して株価が上がるだけでなく、取引所自身の課題も解決することで、日本の地位を高めようとする改革と言えます」

 ――東証にはどんな課題があったのでしょうか。

 「東証は戦後長い間、統一感…

この記事は有料会員記事です。残り1103文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら