サルの「おばあちゃん」、春休みに名前もろた ヒトだと100歳超

有料会員記事

松永和彦
[PR]

 尾がブタに似て短く細い「ブタオザル」が、大阪市天王寺動物園にいる。メスで38歳、人間でいえば100歳を超えるという。名前がなく、飼育員から親しみを込めて「おばあちゃん」と呼ばれてきたが、春休みに合わせて3月下旬に名付けられた。

 おばあちゃんは1983年に同園で生まれた。記録によれば、4歳と6歳の時にメス1頭ずつを出産した。同園によると、近年では動物に愛着を持って接してもらおうと名付ける傾向にあるが、明確な基準はない。人気が出そうな動物は、名前を飼育員が付けたり公募したりしてきたが、おばあちゃんはそういう対象にならなかったようだ。

 サル・ヒヒ舎には、おばあちゃんら名前のないサル6頭がいたが、春休みに合わせて名付けられることになった。

 3月上旬、記者がまだ名前の…

この記事は有料会員記事です。残り995文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら