第29回爆撃で脚失った犬、手放されたネコも 戦災ペット、隣国から救いの手

有料会員記事ウクライナ情勢

プシェミシル〈ポーランド南東部〉=遠藤雄司
【動画】戦火を逃れ、ウクライナから退避してきた動物たち=遠藤啓生撮影
[PR]

 ロシア軍の侵攻によって国外へ避難するウクライナ難民の受け入れが拡大するなか、ポーランドではペットの保護にも注目が集まっている。銃撃や爆撃によって傷ついたペットの手当てや、捨てられたペットの新たな飼い主を探すため、獣医師たちが奮闘している。

 ポーランド南東部、ウクライナとの国境から約10キロの町プシェミシル。動物保護団体「ADA財団」の施設では3月30日、ケージに入れた数十匹のネコのため、スタッフが水の交換や清掃、食事の提供に追われていた。

 動物病院も兼ねるこの施設で保護されているネコはウクライナから国境を越えて連れてこられたため、入国後に必要な狂犬病の抗体検査をして隔離している。多くは戦争から避難する際に飼い主に手放されたり、飼い主とはぐれてしまったりしたネコで、スタッフが自らウクライナに入って救助してきたという。

車に大量のペットフード積み、国境越え救助へ

 現在、財団ではネコ約100…

この記事は有料会員記事です。残り639文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載ウクライナ危機 市民は今(全120回)

この連載の一覧を見る