• アピタル

米ノババックス製ワクチン、18日に審議し承認へ 3回目接種も想定

有料会員記事新型コロナウイルス

市野塊
[PR]

 米ノババックス社の新型コロナウイルスワクチンについて、厚生労働省は4日、専門家による審議会を18日に開くと発表した。承認される見通しで、ワクチン未接種者への1、2回目接種だけでなく、すでに別のワクチンをうった3回目接種にも使う。米ファイザー、米モデルナ、英アストラゼネカに続き、国内で使える4種類目のワクチンになる見込み。

 このワクチンはすでに国内で使われているファイザー製やモデルナ製、アストラゼネカ製とは異なるタイプ。「組み換えたんぱく質」という、ウイルスの表面にあるたんぱく質だけを合成したものを接種して、免疫のしくみを刺激する。

 未接種者には3週間以上の間隔を空けて2回接種する。米国などで2回接種までの臨床試験(治験)を行ったところ、発症を予防する効果は約90%だった。2回目までにファイザー製かアストラゼネカ製をうち、3回目にノババックス製をうつ「交互接種」でも、英国などの治験で有効性が示されていた。

 国内での生産や流通を担う武…

この記事は有料会員記事です。残り165文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]