弁当店の31歳女性、店の上の男性宅から遺体で見つかる 大阪・淀川

有料記事

[PR]

 4日午前6時55分ごろ、大阪市淀川区三津屋中3丁目の建物2階の50代男性宅で、階下の弁当店で働く女性(31)が死んでいるのを大阪府警の警察官が見つけた。この部屋では3日夜、住民男性が血を流して倒れているのが見つかり、搬送された。女性はこの男性と3日朝に店を出たといい、府警は男性が関与した可能性があるとみている。

 捜査1課によると、亡くなったのはベトナム国籍のアルバイト、ボ・ティ・レ・クインさん=同市西淀川区花川1丁目。3日午前9時ごろ、クインさんの不在に気付いた弁当店の店主が店の防犯カメラを確認し、30分ほど前にクインさんが2階の男性と店を出る姿が映っていたという。店主が男性を訪ねると、男性は「店には行ったが、所在は知らない」と話したという。

 店主から連絡を受け、警察官が男性宅を訪問したが応答がなく、クインさんとも連絡がつかなかったため、3日午後11時35分ごろに捜査員らが男性宅に安否確認のために入り、首から血を流す男性を見つけた。命に別条はないという。近くに血の付いた刃物があった。この際にはクインさんは見つからなかったという。4日朝にクインさんへの監禁容疑で男性宅を家宅捜索し、遺体を発見した。同課によると遺体は見つけにくい場所にあったという。

 クインさんの夫(35)は4日夜、報道陣の取材に応じ、「なんでこんなことが奥さんに」と涙ぐんだ。クインさんについて「いつも一生懸命で、仕事も頑張っていた。大学院に入りたいという夢を持っていた」と語った。

「アットホームな店で」「仲のいい夫婦」……

 ベトナム国籍のボ・ティ・レ・クインさん(31)の遺体が見つかったのは、JR東西線加島駅(大阪市淀川区)の東約1キロにある建物の2階の一室だ。クインさんが働く弁当店はその1階にある。周辺には工場や住宅、飲食店が並ぶ。

 近くの自営業の40代男性は…

この記事は有料記事です。残り325文字有料会員になると続きをお読みいただけます。