リアルのつながりでコロナ孤立防ぐ LGBTQの支援センター開設

高井里佳子
[PR]

 LGBTQなど性的少数者らが気軽に交流できる施設「プライドセンター大阪」が大阪市北区に1日、オープンした。コロナ禍でイベントなどの集まりが減る中で、当事者を孤立させないことをめざしている。

 センターは9階建てビルの一室に開設。室内は入り口のカーペットや窓に掲げた旗など、多様性を象徴するレインボーカラーの装飾にこだわった。

 絵本やマンガ、専門書まで、LGBTQに関連する幅広い書籍をそろえたミニ図書館を設け、誰でも無料で利用できる。専門の相談員が常駐する予定で、当事者や周囲の人の相談も受け付ける。企業関係者らの研修にも活用する。

 運営するのは性的マイノリティーを支援する認定NPO法人「虹色ダイバーシティ」(同区)。理事長の村木真紀さんによると、コロナ禍で性的少数者が集まる場となっていたバーやクラブが閉まり、当事者が交流できる機会が減っていた。友人を作ったり、安心して相談したりできる場所が減るなどの孤立状態になり、精神面への影響も出ていたという。

 村木さんは「嫌なことがあったと誰かに話せるだけで癒やしになる。出会いの場が減る今、リアルでつながれる場が必要」と話す。

 開館は月曜と木~土曜の午後3~8時。外では人目が気になり、本来着たい服を着られないと感じる人が、センターには着たい服を着て入れるよう、トイレに着替え台も設置した。

 問い合わせは、プライドセンター大阪(06・7507・2777)へ。(高井里佳子)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]