祇園祭に200年ぶり復帰へ 暴風雨で損傷の「鷹山」、幕をお披露目

有料会員記事

北村有樹子
[PR]

 京都・祇園祭の山鉾(やまほこ)巡行に曳山(ひきやま)を出し、約200年ぶりの本格復帰をめざす「鷹山(たかやま)」の保存会は5日、山を飾る幕の一つ「一番水引」を披露した。山を彩る「懸装品(けそうひん)」の、今夏に向けた製作が一段落した。

 一番水引は手織りで、金地に麒麟(きりん)や雲が描かれた。二番水引、三番水引とともに中央部の四方に取り付けられる。

 鷹山は、タカ狩りをテーマにした大型の曳山。京都市中京区衣棚町(ころものたなちょう)を拠点にしている。1826年に暴風雨装飾品が損傷し、翌年から巡行に参加しない「休み山」になった。64年には大火で大半が焼失した。

 保存会は、江戸時代の資料を…

この記事は有料会員記事です。残り273文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら