QBハウスの理美容師、本社に団体交渉を要求 改善求めた2つの要点

有料会員記事

編集委員・沢路毅彦
[PR]

 「10分」のヘアカットで知られる「QBハウス」で働く理美容師が、運営元のQB本社に団体交渉を求めている。QB本社が業務委託しているエリアマネージャーの店舗で働くが、実態は雇用関係にあると主張している。一方、QB本社は、直接の雇用関係はないとして、団体交渉を拒否している。理美容師は何を求めているのか。

「雇用責任、免れている」

 4月5日午後、労働組合の日本労働評議会QB分科会のメンバーらが、QBハウスを展開するキュービーネットホールディングス(東京都渋谷区)を訪れ、抗議文を手渡した。労組は3月中旬、QB本社に団体交渉を申し入れたが、「雇用関係にない」と断られたからだ。

 「QBハウス(による採用)として面接を受けた。エリアマネージャーが雇用主だと知ったのは、働き始めてしばらくたってからだ」。神奈川県内の店舗で働いて19年目になるという男性は話す。今年1月分までは、給料明細書の会社名に「キュービーハウス」と書かれていたという。

 QB本社が団体交渉を拒むのは、QB本社が業務委託しているエリアマネージャーが、労組メンバーの雇用主だという理由からだ。

 一方、労組側は、QB本社と…

この記事は有料会員記事です。残り1245文字有料会員になると続きをお読みいただけます。