統計不正、水増し金額は? 野党が追及、刑事告発求める声も

有料会員記事

柴田秀並、伊藤嘉孝
[PR]

 国土交通省の統計不正問題をめぐり、衆院総務委員会で5日、政府の姿勢をただす質問が相次いだ。野党議員らは、不正の影響で統計がどのくらい過大になっていたのか追及。省側は「検討を進める」などと繰り返すだけで、明言を避けた。不正は統計法違反に当たるとして、刑事告発すべきだとの指摘も出た。

 「水増し金額がどれくらいか、出せるのにいつまでたっても出さない」。立憲民主党階猛氏はこう迫った。今回の不正では、基幹統計である「建設工事受注動態統計」の集計のため、建設業者から提出された受注実績の調査票を、国交省が無断で書き換え、実績を二重計上していた。階氏が焦点を当てたのは、この影響で統計がどれだけ過大になっていたか、だ。

 朝日新聞は1月、2020年…

この記事は有料会員記事です。残り821文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら