「神様になればいい」 〝遅咲き〟の友野一希が見た、次のステージ

有料会員記事

吉永岳央
[PR]

 自らを「遅咲き」と友野一希セントラルスポーツ)は表現する。

 実際、本格的に世界の舞台を意識し出したのは大学生になってから。

 それでも今、「ここでもう一段階ギアが上がるんだ、と自分でもびっくり」。

 23歳という年齢は、フィギュアスケートでは決して若手ではない。だが、伸び盛りの真っ最中だ。

来週も世界選手権に出た選手たちの話題をお届けします

 3月、フランス南部のモンペリエで開催された世界選手権で6位に食い込んだ。歩んできた道のりの確かさと、無限の伸びしろを実感したのだろう。試合から一夜が明け、初々しささえにじませて言った。

 「高校生の時と比べても今、一番元気じゃないか。スケートが楽しくて、楽しくて。帰ったらどんな練習をしよう」

 友野は、世界選手権で一気に成長する不思議な選手だ。

 振り返れば、前回出場した時…

この記事は有料会員記事です。残り1098文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]