第31回「前線に行く覚悟できている」 妻と娘見送る父、窓越しの笑顔に葛藤

有料会員記事ウクライナ情勢

リビウ=金成隆一
[PR]

 ロシアとの戦いに備えるため、ウクライナの18~60歳の男性は原則、国内に残ることが求められている。侵攻が始まって1カ月が過ぎた今も各地で、男性が国外に退避する家族を見送る光景が繰り返されている。

 1日、西部リビウの駅プラットホーム。隣国ポーランドに行く電車の前で、何組もの家族や友人らが抱擁していた。

 午後5時すぎ出発予定の電車が「25分遅れる」と構内アナウンスが入ると、会社員セルゲイ・コバレベッツさん(37)は「窓越しだけど、もう少し妻と子どもを眺めることができる」と笑顔を見せた。電車には妻レナさん(35)と長女カミラさん(13)が乗り込んだ。

 軍事経験はないが、軍事教育…

この記事は有料会員記事です。残り572文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載ウクライナ危機 市民は今(全120回)

この連載の一覧を見る