西大和学園の高3生が達磨寺で合格祈願 王寺町

室矢英樹
[PR]

 聖徳太子にゆかりのある達磨(だるま)寺(奈良県王寺町)で、関西屈指の進学校で知られる西大和学園高校(河合町)の生徒たちが5日、合格祈願した。だるまのように「転んでも起き上がる」と、生徒たちは来年の大学受験への決意を新たにしていた。

 訪れたのは新3年生のうち内部進学組の約210人。町のマスコットキャラクターで聖徳太子の愛犬とされる「雪丸」も駆けつけた。寺の日野周圭住職は「きょうは願いを込めて、だるまの片方に目を入れ、来年願いをかなえて、もう一方にも入れてください」と激励。祈禱(きとう)の後、生徒たちは寺から配られた手のひらサイズのだるまに目を入れていった。

 香川県出身で寮生活を送る池田歩夢さん(17)は「周りの助けももらって、夢に向かってがんばります」。兵庫県から約2時間かけて通学する吉本羽菜さん(17)は「くじけそうになっても、あきらめずに受験に挑戦します」と意気込んでいた。(室矢英樹)

大学入学共通テストのニュースはこちら

大学入学共通テストのニュースはこちら

最新ニュース、時間割、受験生応援企画などをお届け。試験当日は問題と解答を速報します。[記事一覧へ]