パワハラ訴えた実習生に労組脱退を示唆? 外国人技能実習機構に抗議

有料会員記事

三井新
[PR]

 労働組合を脱退するよう示唆されたのは権利侵害だとして、宮城県内のベトナム人技能実習生の3人が5日、外国人技能実習機構の仙台事務所(仙台市青葉区)に対し、抗議の申し入れを行った。

 労働組合「仙台けやきユニオン」によると、加入している3人は20~30代の女性。いずれも2019年秋に来日し、石巻市の水産加工会社で働いていたが、上司からのパワーハラスメントや賃金未払いを受けたとしている。仕事上のミスを理由に、今年2月に退職を余儀なくされたという。

 女性たちはその1週間後、復職を目指そうと、同組合に加入。だが3月上旬に、同機構仙台事務所の担当者から「会社が求めているのは、ユニオンを脱退すること」などとするメールが送られてきたという。

 5日は同組合のメンバーと仙…

この記事は有料会員記事です。残り223文字有料会員になると続きをお読みいただけます。