目玉は「日本一」掲げるデパ地下 阪神梅田本店、改装終えて全面開業

有料記事

金子智彦
【動画】グランドオープンした阪神梅田本店=吉田貴司撮影
[PR]

 阪神梅田本店(大阪市北区)は6日、2014年から続いていた改装工事を終えて全面開業した。この日は、地下1階食品売り場が改装オープンした。長さ約100メートルの「スイーツストリート」など、食品の品ぞろえと専門性にてこ入れを施し、「日本一の王道デパ地下」をうたう。

 6日オープンした「阪神食品館」には、チーズやバターケーキ、ピスタチオ菓子など、七つの新ブランドを含む33店舗が通路を挟んで並ぶ「洋菓子ワールド」が設けられた。ほかにも、タイやベトナム料理などエスニック分野を充実させた総菜、国産ワインやクラフトビールを多くそろえたリカー、近郊の生産者から旬の食材を取り寄せた生鮮などのコーナーがある。

 また、様々なブランドの総菜や弁当を小分けにし、1カ所で買い物ができる「コンビニデリカ」を展開。短時間で買い物を済ませたい客の需要を狙う。

 阪神梅田本店では、周辺の再…

この記事は有料記事です。残り254文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。