かつて応仁の乱、いまやビール業界 西陣いろどる勢力図に異変

有料会員記事

大貫聡子
[PR]

古都ぶら

 京都のビールがすごいらしい。酒好きの友人からそう聞いた。この街でアルコール類というと、真っ先に思い浮かぶのは伏見などの日本酒。でも、時代は変化している。歩いてみると、意外な場所に「すごい」はあった。(大貫聡子)

 日曜の昼下がり、工場らしき建物に次々と、人が吸い込まれていく。「営業中」の看板を頼りに足を踏み入れると、「乾杯!」とビールを楽しむ人たちがいた。

 小さなビールの醸造所「ウッドミルブルワリー・京都」のタップルーム(工場内バー)だ。

 定番商品で一番人気は、はっさくを丸ごと使う「はっさくホワイト」。一口飲むと、さわやかな柑橘(かんきつ)の香りが口いっぱいに広がった。

 ここは、京都が誇る伝統工芸西陣織の工房が集まる京都市上京区の西陣かいわい。

 ウッドミル代表の辻本大和さん(48)は、元々は京友禅の職人だ。2011年3月の東日本大震災などもあり、仕事が激減。中京区で祖父の代から続いた家業を畳んだ。

 さて次は何をしよう。思いついたのが、クラフトビールと呼ばれる、小さな醸造所で生産される個性的なビール。大好きだからだ。

 14年、大阪府高槻市の酒造会社で働きだす。ビールの醸造方法を学ぶと、新たな思いが高まった。

西陣織の工場で

 「自分で造ってみたい」

 西陣織ネクタイの工場だった…

この記事は有料会員記事です。残り1532文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら