ウクライナから避難の女性、県営住宅で受け入れへ 沖縄

有料会員記事ウクライナ情勢

福井万穂、奥正光
[PR]

 ロシアによるウクライナ侵攻をめぐり、沖縄県は近く、国外退避を余儀なくされた女性(30)を、避難者向けに確保した県営住宅へ受け入れる。政府による避難民の受け入れとは別に、自治体などによる独自の支援が動き出している。

 受け入れを支援している名護市のNPO法人によると、女性は沖縄科学技術大学院大学(恩納村)で技術員として働くおじを頼って避難を決めた。

 ウクライナ北東部から自力で…

この記事は有料会員記事です。残り298文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら