ふるさと納税業務をヤマト運輸に委託 物流支援で返礼品掘り起こしも

有料会員記事

貞松慎二郎
[PR]

 宅配大手のヤマト運輸(東京)に対し、大分県中津市は今月から、「ふるさと納税」の管理業務を一括して委託することにした。同社が地方自治体との間でこうした契約を交わすのは初めて。過剰な返礼品競争とは一線を画して新たな返礼品提供事業者を掘り起こし、物流のネットワークとノウハウをいかして地域産業全体の活性化を目指す。

 「返礼品競争が過熱し、ネットショッピング化している現状を打破したい」。市はプレスリリースでこう説明し、今月1日から3年間、ヤマト運輸に管理業務を委託することを明らかにした。公募型プロポーザルに応募した6事業者から選定。委託料は公表していない。

 名物「中津からあげ」が返礼品として一番人気の中津市。ただ2020年度のふるさと納税額は1億4772万円にとどまり、県内14市の中では下から2番目の低さだ。

 ヤマト運輸はこれまで、中津…

この記事は有料会員記事です。残り247文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら