米司法省、オリガルヒの1人を起訴し数百万ドル押収 本人は逃走中

ウクライナ情勢

ワシントン=合田禄
[PR]

 米司法省は6日、プーチン政権に近いとされる新興財閥(オリガルヒ)のコンスタンチン・マロフェーエフ氏(47)を米国の対ロシア制裁に違反した罪で起訴したと発表した。ロシアのウクライナ侵攻以降、米当局がオリガルヒを起訴したのは初めて。マロフェーエフ氏につながる数百万ドル(数億円)も米国の金融機関から押収したという。

 マロフェーエフ氏は、ロシアがクリミア半島を併合した2014年に米政府の制裁対象となっていた。米国人従業員を使って、ブルガリアのテレビ局を手に入れようと、不正に1千万ドル(約12億円)を移転したという。同氏は逃走中で、ロシアにいるとみられる。

 また、司法省は、遠隔操作できるウイルス感染したパソコンをネットワーク化した「ボットネット」を破壊したことも明らかにした。このボットネットはロシア軍事情報機関が運営しているとみられるという。(ワシントン=合田禄)