サザン「聖地」パン屋に幕 桑田さんの手紙に励まされて続けた64年

有料会員記事

大宮慎次朗
[PR]

 サザンオールスターズ桑田佳祐さんが中学時代に通い、ファンや地元民に愛されたパン屋「清月」(神奈川県茅ケ崎市)が今夏、64年の歴史に幕を下ろす。店主はバンダナが目印の高橋ツナ子さん(87)。桑田さんとは親子のような関係が続く。一度くじけそうになりながらも、ここまで頑張ってこられたのは、一通の手紙のおかげだった。

 東京からバイクで3時間かけて来たサザンファン、常連のサーファー……。3月中旬の朝、客が次々と店に入ってきた。入り口には閉店予定日を告げる紙が貼られている。高橋さんは「佳祐がいるわけでもないのにありがとうね」と言ってパンを手渡す。数百個が並ぶ陳列棚は開店後3時間ほどで空っぽになった。

 「もう50年も前になるのかなあ。ここは佳祐の通学路で……」。高橋さんは目を細めた。

 1958年、脱サラした夫の…

この記事は有料会員記事です。残り1282文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら