リコール署名偽造事件受け、署名簿に収集者名欄 直接請求制度見直し

有料会員記事

小林圭
[PR]

 愛知県大村秀章知事へのリコール解職請求)署名が偽造事件に発展したことを受け、総務省は、署名を集めた人の氏名を書く欄を署名簿に新たに設けるなど、直接請求制度の運用を見直すことを決めた。署名を偽造した場合に罰則がある旨の記載も追加する。

 直接請求制度の課題を議論する同省の有識者研究会が6日、報告書を公表した。報告書は、「署名を収集した人が署名簿上で特定できないことが不正を行う際の心理的なハードルを下げている」と指摘。署名を収集した人を特定することで捜査の端緒にすることができ、「不正な署名収集に一定の抑止力がある」とした。適正な署名収集を行うためのルールをまとめ、公表する案も示した。

 また報告書は、選挙管理委員…

この記事は有料会員記事です。残り354文字有料会員になると続きをお読みいただけます。