九大跡地のがれきから人骨、切断された痕跡も 死体損壊の疑いで捜査

有料会員記事

[PR]

 福岡市東区箱崎6丁目の九州大学跡地で7日午前11時半ごろ、工事関係者から「解体作業中のがれきの中から人の足のようなものが出てきた」と110番通報があった。切断されたとみられる痕があることから、福岡県警は死体損壊などの疑いを視野に捜査を進めている。

 捜査1課などによると、敷地内のがれきを集積する場所で、人の腰や両足の一部が見つかった。成人とみられ、性別は不明。切断された痕跡が複数あり、一部を除き白骨化していた。衣服を着ている状態だったという。

 県警は8日以降、発見現場付…

この記事は有料会員記事です。残り63文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら