川上未映子さんの「ヘヴン」英語版 ブッカー国際賞最終候補に

有料会員記事

興野優平
[PR]

 世界的に権威がある英国の文学賞「ブッカー賞」の翻訳部門にあたる「ブッカー国際賞」の今年の最終候補6作品が発表され、川上未映子さんの「ヘヴン」(講談社文庫)の英訳版「Heaven」(サム・ベット、デビッド・ボイド訳)が入った。

 日本人作家の作品が最終候補に残るのは、2020年の小川洋子さん「密(ひそ)やかな結晶」以来。受賞作は5月26日(現地時間)に発表される予定。

 「ヘヴン」では、中学2年の…

この記事は有料会員記事です。残り236文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら