セブン&アイ、ヨーカ堂は維持強調 そごう・西武の売却検討認める

有料記事

佐藤英彬、田幸香純
[PR]

 小売り大手セブン&アイ・ホールディングスは7日、株主らへの経営メッセージを発表した。百貨店そごう・西武の株式売却を進める一方で、イトーヨーカ堂などスーパー事業は続ける方針を示した。スーパーとコンビニの連携を深めることで、グループ全体の成長につなげたい考えだ。

 そごう・西武は売却に向けた…

この記事は有料記事です。残り1027文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。