サウジ記者殺害、幕引きの恐れ トルコでの事件審理が停止

有料記事

イスタンブール=高野裕介
[PR]

 2018年にトルコ・イスタンブールサウジアラビア総領事館で起きたサウジ人記者殺害事件をめぐり、トルコ・イスタンブールの裁判所は7日、事件の審理を停止し、サウジ当局に移管することを決めた。両国の関係改善が進むなかでの移管で、サウジ側は事件の捜査は尽くされたとの立場をとっているため、真相が葬られるとの懸念が出ている。

 殺害されたのは、サウジ政府…

この記事は有料記事です。残り880文字有料会員になると続きをお読みいただけます。