岸田家の墓、刻まれた「原爆死」母子 記者の質問に首相は……

[PR]

 雨にぬれた墓石には、2人の名と「原爆死」という文字が刻まれていた。

 岸田綾子さん 享年29

 英治さん 享年4

 母子は1945年8月6日、米国が広島に投下した原爆のために亡くなった。

 墓が立つのは、広島県東広島市志和地区の農村地帯にある岸田家の墓地だ。

 今年3月26日、岸田文雄首相がここを訪れた。首相に就任した後では初めての墓参りだ。

「演説したでしょ」首相は言った

 ともに政治家だった父・文武氏、祖父・正記氏の墓に参った岸田氏は雨の中、10基以上の墓を一つひとつ回って線香を上げた。

 綾子さんと英治さんの墓の近くで、岸田氏は同行取材していた記者団に言った。

 「あの墓が、サーロー節子さんのお姉さん。で、4歳ってあるでしょ。あれ、爆死したおいごさん。ノーベル平和賞で演説したでしょ」

 サーロー節子さん(90)は広島出身の被爆者で、現在はカナダで暮らす。核兵器廃絶を世界で訴え続け、ともに活動してきた国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)が2017年にノーベル平和賞を受賞した時、ノルウェー・オスロであった授賞式で演説した。

 《広島について思い出すとき、私の頭に最初に浮かぶのは4歳のおい、英治です。彼の小さな体は、何者か判別もできない溶けた肉の塊に変わってしまいました。彼はかすれた声で水を求め続けていましたが、息を引き取り、苦しみから解放されました》

 英治さんの母・綾子さんは、サーローさんの姉だ。綾子さんの夫のいとこが、岸田氏の祖父・正記氏にあたる。

祖父と祖父 岸田家との「縁」

 広島出身で、いま広島総局にいる記者の私(40)が、地元選出の岸田氏を直接取材するのはこの日が初めてだった。

 ただ、「岸田家」には縁を感じていた。というのも、私の祖父は岸田氏の祖父と面識があったようだからだ。

 昨年12月、私は広島市内の実家で、30年以上前に亡くなった祖父が残していたアルバムを初めて見た。戦前の広島のスナップ写真が並ぶ中、集合写真が1枚あり、こう書き添えられていた。

 《岸田正記氏を中心とする広…

この記事は有料会員記事です。残り2577文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]