ウクライナ標的の偽情報攻撃が増加 メタが報告書 アカウントを削除

有料会員記事

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 フェイスブック(FB)を運営する米メタは7日、四半期ごとの偽情報対応の報告書を公表した。ロシアやベラルーシに関連する集団によるウクライナを標的にした活動が増えたと指摘。とくにベラルーシとつながりがあるとされるハッカー集団「ゴーストライター」による活動が増えたとして、アカウント削除などに踏み切った。

 報告書では、2月下旬以降に「ゴーストライター」による攻撃が増えたと指摘。数十人の軍関係者のFBアカウントに不正にアクセスしようとしていたという。軍関係者の正規のアカウントに見せかけ、軍に投降を呼びかける動画を投稿していた事例もあり、動画の共有をブロックした。

 米セキュリティー会社マンディアントは昨年の報告書で、「ベラルーシはゴーストライターに少なくとも部分的に関わっている」との見方を示している。

 メタは、ハッキングからの防…

この記事は有料会員記事です。残り462文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら